サブアカウントとその制限

サブアカウントは、Twilioプロジェクトの中で、そのプロジェクトが「所有」するアカウントです。

サブアカウントは、プロジェクトと同じ残高を共有していますが、独自のユースケースとリソースを所有します。サブアカウントをリソースを他のプロジェクトサブアカウントと共有できません。すべてのプロジェクトに所属するユーザーは、サブアカウントにアクセスすることができます。ただし、特定のユーザーにはあるサブアカウントのみアクセスを許可する(許可しない)という設定はできません。

 

サブアカウントは、特定のエンドカスタマーのために電話番号、使用量(料)、アプリケーションの設定を分けるのに理想的な方法です。 一般的にサブアカウントを利用するのは、当社製品の再販業者(ISV)で、複数の顧客にサービスを提供しており、顧客1のデータと顧客2のデータを分けて管理したいと考えている方が多いです。

デフォルトでは、1つのプロジェクトには1000個のサブアカウントを作成できます。クローズされたサブアカウントは、この制限にカウントされません。プロジェクトのサブアカウント数が1000に近づいている場合は、Twilioのサポートに連絡して、この制限を引き上げることが可能です。

 

追加リソース

 

Have more questions? Submit a request
Powered by Zendesk