アメリカおよびカナダにおけるSMSキャリアフィルタリング

このガイドでは、Twilio Programmable SMSメッセージの配信に影響する 、米国・カナダの携帯キャリアによるSMSフィルタリングについて説明します。メッセージフィルタリングの使用方法や適用する理由のほか、配信率向上の方法を記載しています。


Twilioのメッセージングフィルターは、メッセージポリシー(英語)とサービス利用ポリシー(AUP)の規則施行も併せて目的としています。Twilioのフィルタリングシステムの機能と携帯キャリアによるフィルタリングの一般情報については、メッセージフィルターはどう動くのか(英語)をご覧ください。

米国とカナダ固有のキャリアフィルタリング情報について、続けて以下に説明します。

 

目次

フィルタリングのメカニズム

携帯キャリアによるフィルタリング

Twilioによるフィルタリング

米国・カナダにおけるメッセージ配信に関するFAQ

追加リソース

 

米国・カナダにおけるフィルタリングの概要

米国とカナダでは、アプリケーション 対 個人(A2P)タイプのメッセージは、従来、現地の10桁の番号(通称 ロングコード) を用いて送信できませんでした。2019年1月、Verizon Wirelessは10桁番号によるA2Pメッセージの受信を開始しました(A2P 10DLC)。2021年にTwilioと各キャリア(AT&TとSprintを含むT-Mobile)が開始した登録ベースによるA2P 10DLCソリューションは、米国の受信者宛のロングコードによるA2Pメッセージ送信が可能になりました。

A2Pトラフィックとは、自動アラート、通知、ワンタイムパスワード(OTP)ログインコード、その他アプリケーションから送信されるトラフィックなどのメッセージのことを指します。詳しくはP2PとA2Pメッセージングの概要をご覧ください

 

フィルタリングのメカニズム

携帯キャリアによるフィルタリング

米国とカナダの携帯キャリアによるメッセージフィルタリングの適用の背景には2つの理由があります。

まず、携帯電話の加入者をスパムやその他不要なメッセージから保護すること。そしてもう1つは、多くのキャリアがフィルタリングをする目的として、ロングコードで送信されるA2Pトラフィックを検出してブロックすることです。(現在、Verizon Wirelessは例外とされます)

米国とカナダの携帯キャリアは、適応型(機械学習)ソフトウェアシステムをメッセージフィルタリングに使用しています。これらのシステムはメッセージの内容と量をチェックして、メールのフィルタリングシステムと同じように機能します。メッセージには累積スコアが付けられます。そのベースとなる要素として、特定期間に電話番号から送信されたメッセージ数、キャリアネットワークで送られた同種のメッセージ数のほか、既知のスパムや不要なメッセージとメッセージ内容が似ているかどうかがあります。

Twilioの経験から、オプトアウトレートが高い場合やエンドユーザークレームが多い場合も、フィルタリングに大きく影響していると考えています。このため、フィルタリングの対象となるリスクを減らすためには、Twilioのメッセージポリシー、特にユーザーオプトイン/オプトアウトに関連する規則に遵守するのが最善策となります。

米国とカナダの携帯キャリアは通常、メッセージがフィルターされるとTwilioに報告をします。送信した多数のメッセージが突然にUndeliveredステータスとなり30007エラー(英語)が出た場合に考えられるのは、フィルタリングシステムで最近特定したブロックをトリガーするパターンが、送信したメッセージで検出されたということです。

 

Twilioによるフィルタリング

Twilioは、フィルタリングを使用しTwilioのメッセージングポリシー(英語)サービス利用ポリシー(AUP)に違反するメッセージを検出します。Twilioの目標は、不正、スパム、その他の不要なメッセージからモバイルユーザーを保護することと、キャリアと規制当局が課す規則と規制に遵守することです。

TwilioのフィルタリングシステムではA2Pメッセージの送信が許可されています。受信側でメッセージ受信に同意していて、スパムの報告や大量のオプトアウト("STOP”)返信をしていなければ、Twilio側でフィルタリングをすることはありません。

Twilioと携帯キャリアによるフィルタリングの機能について詳しくは、メッセージフィルターはどう動くのかをご覧ください。

 

米国・カナダにおけるメッセージ配信に関するFAQ

Q: 携帯キャリアによるフィルタリングを避けるには?

まず、Twilioのメッセージポリシーに準拠していることをご確認ください。例えば、メッセージの受信にオプトインの同意を示している受信者のみにメッセージを送るなどしてください。これにより、クレームのリスクと、フィルタリングを招くオプトアウトを大きく減らせます。

また、受信者への最初のメッセージには、「Reply STOP to unsubscribe」(配信を停止するにはSTOPと返信してください)など、必ずオプトアウトの方法を記載してください。STOPなどのいくつかのキーワードは、Twilio側にてデフォルトで処理いたします。詳しい説明はこちら

メッセージフィルタリングを避けるための、その他のヒントやベストプラクティスについては、メッセージフィルターはどう動くのかをご覧ください。

 

Q: Twilio番号やメッセージ内容が携帯キャリアでブロックされているようです。ブロックを解除できますか?

A: まず重要なのは、メッセージがTwilioのメッセージポリシー(英語)に準拠していることを確認し、フィルタリングを回避するためのヒント(英語)をご覧いただくことです。メッセージがTwilioとキャリアのポリシーを遵守していると思われる場合は、エラー 30007で且つステータスが「Undelivered」のMessage SIDの例を3つ以上集めて、Twilioのサポートチームにご連絡ください

2021年3月時点で、米国におけるフィルタリング事情は急速に変化しています。「誤認」によるフィルタリングがなされていると思われる場合は、キャリアでは解除申請を受け付け、検討の後、ブロックを解除する場合があります。フィルタリングのこのようなリスクは、ポリシーに準拠している顧客が新しいA2P 10DLCソリューションの下で登録を行うことにより、大幅に軽減されるという期待もあります。

米国とカナダの多くのキャリアの番号ブロックリストには「クーリングオフ」期間が設けられ、一定期間の後に番号が自動でリストから解除されます。期間はキャリアにより異なりますが、この情報はTwilioには伝えられません。メッセージ本文に変更がなければ、コンテンツのフィルタリングシステムにより、引き続きメッセージがブロックされます。

Q: フィルタリングを避けるために事前にメッセージの承認を受けられますか?

A: 米国とカナダのキャリアは現在、ロングコード番号メッセージの事前承認はしていません。ただし、ショートコード番号は、特定のトラフィックタイプについては許可されています。規定の用途を着実に守り、オプトイン/オプトアウトルールに従えば、フィルタリングが適用されることはありません。また、トールフリー(着信課金)SMSはTwilioを通じて「検証」可能です。認められた用途におけるフィルタリングのリスクをあらかじめ減らすことができます。

 

追加リソース

Have more questions? Submit a request
Powered by Zendesk