プロジェクト(Project)とサブアカウント(Subaccount)

Twilio Consoleでは、プロジェクト(Project)とサブアカウント(Subaccount)という2種類のアカウントを作成できます。

プロジェクト(Project)

Twilio Projectは、Twilioアカウントとは別のアカウントで、固有のリソースとアカウント残高を持っています。Projectは、さまざまなユースケースの構築に使用することができます。開発サイクルフェーズごとにデータを分離する場合や、ユーザーアクセスの制御を必要とする場合などです。新規Projectアカウントは、<Pay>を使用したPCI準拠の決済処理にも最適です。

注意: Twilio Flexのセットアップには、新しいProjectアカウントの作成が必要です。Twilioの既存のProjectアカウントやSubaccountからは、Flexにはアクセスできません。詳細については、Twilio Flexプロジェクトのセットアップを参照してください。

Twilio Projectは、Consoleから作成できます。詳細については、記事Twilio ConsoleでのProjectの表示および新規作成を参照してください。

サブアカウント(Subaccount)

プロジェクトが所有するSubaccountには、固有のリソースがありますが、1つのプロジェクトがオーナーになるため、残高はプロジェクト内で共有となります。Subaccountは、主に、顧客ごとに個別に管理したい独立系ソフトウェアベンダー(ISV)様にお勧めします。また、既存のTwilioの電話番号とショートコードを多数お持ちのお客様や、レポート作成APIを利用しConsoleとは別の場所で顧客の利用状況をまとめているお客様に最適です。

Subaccountの作成とアクセスはConsoleから行うことができますが、REST APIからも管理できます。詳細については、記事Twilio Subaccountの表示および新規作成を参照してください。

比較

 

プロジェクト

サブアカウント

お勧めしたいお客様

Twilioのすべてのお客様 

ISV様

お勧めする理由

本番環境と開発環境、新しいユースケース、Flexや<Pay>などの新しい製品を分けて管理することができる

請求アカウントは1つのままで、顧客の利用状況を分けて管理できる

請求方法

Projectアカウントごとの固有の残高

Subaccountは、単一Projectアカウントがオーナーになり、1つの残高を共有

管理方法

Twilio Console

Twilio ConsoleまたはREST API

所有可能アカウント数

最大10*

最大1,000*

 

*アカウント数の上限に近づいている場合は、サポートチームに問い合わせいただき、アカウントの追加をご検討ください。

Have more questions? Submit a request
Powered by Zendesk