SUPPORT.TWILIO.COM END OF LIFE NOTICE: This site, support.twilio.com, is scheduled to go End of Life on February 27, 2024. All Twilio Support content has been migrated to help.twilio.com, where you can continue to find helpful Support articles, API docs, and Twilio blog content, and escalate your issues to our Support team. We encourage you to update your bookmarks and begin using the new site today for all your Twilio Support needs.

プロジェクト(Project)とサブアカウント(Subaccount)

Twilio Consoleでは、プロジェクト(Project)とサブアカウント(Subaccount)という2種類のアカウントを作成できます。

プロジェクト(Project)

Twilio プロジェクトは、固有のリソースアカウント残高を持っています。プロジェクトは、さまざまなユースケースの構築に使用できます。開発サイクルフェーズごとにデータを分離する場合や、ユーザーアクセスの制御を必要とする場合などです。新規プロジェクトアカウントは、<Pay>を使用したPCI準拠の決済処理にも最適です。

注意: Twilio Flexのセットアップには、新しいProjectアカウントの作成が必要です。Twilioの既存のProjectアカウントやサブアカウントからは、Flexにはアクセスできません。詳細については、Flexプロジェクトをセットアップするを参照してください。

Twilio Projectは、Consoleから作成できます。詳細については、記事Twilio ConsoleでのProjectの表示および新規作成を参照してください。

サブアカウント(Subaccount)

プロジェクトが所有するサブアカウントには、固有のリソースがありますが、その上位のプロジェクトがオーナーになるため、残高はプロジェクトと共有されます。サブアカウントは、主に顧客ごとに個別に管理したい独立系ソフトウェアベンダー(ISV)様にお勧めします。また、既存のTwilioの電話番号とショートコードを多数お持ちのお客様や、レポート作成APIを利用しConsoleとは別の場所で顧客の利用状況をまとめているお客様に最適です。

注: )日本の電話番号を購入する際に必要なBundleは、親アカウントとサブアカウントでは共有できません。サブアカウントで電話番号を購入したい場合は、新たにサブアカウントでBundleの作成が必要です。

サブアカウントの作成とアクセスはConsoleからできますが、REST APIからも同様に管理できます。詳細については、記事Twilio Subaccountの表示および新規作成を参照してください。

比較

 

プロジェクト

サブアカウント

お勧めしたいお客様

Twilioのすべてのお客様 

ISV様

お勧めする理由

本番環境と開発環境、新しいユースケース、Flexや<Pay>などの新しい製品を分けて管理できる

請求アカウントは1つのままで、顧客の利用状況を分けて管理できる

請求方法

Projectアカウントごとの固有の残高

サブアカウントは、単一Projectアカウントがオーナーになり、1つの残高を共有

管理方法

Twilio Console

Twilio ConsoleまたはREST API

作成可能数

最大10*

最大1,000*

 

*アカウント数の上限に近づいている場合は、サポートチームに問い合わせいただき、アカウントの追加をご検討ください。

Have more questions? Submit a request
Powered by Zendesk