プロジェクトがサスペンド状態でも電話番号の課金は続きますか

Twilioプロジェクトで所有しているすべてのTwilio電話番号に対して、プロジェクトが停止している場合でも課金されます。

Twilio電話番号を使用していないときに課金されないようにするには、これらの電話番号を解放することをお勧めします。Twilio電話番号の課金を一時停止する方法はございません。

また、解放した番号の再取得は保証されておらず、他のお客様に割当られる可能性がございます。

: プロジェクトが停止してから60日経過すると、電話番号が弊社に自動的に回収される危険性があります。解放されなかった電話番号は、解放されるか削除されるまで通常通り請求されます。

アカウント再開後の利用報告書に記載された番号の請求について

停止したTwilioプロジェクトを再開するために資金を追加する場合、プロビジョニングした電話番号の料金はプロジェクトが再開された月にリストアップされます。

例えば、2つの電話番号を持つプロジェクトが2ヶ月間残高ゼロで停止していた場合、アカウントを再有効化した月にコンソール使用状況ページで合計6つの電話番号の料金が請求されていることがわかります。

  1. 1ヶ月目のサスペンションによるの2つの番号への課金
  2. 2ヶ月目のサスペンションによるの2つの番号への課金
  3. 今月のサスペンションによるの2つの番号への課金

電話番号の課金に関しては電話番号の課金ルールのFAQもご覧くださいませ。

Have more questions? Submit a request
Powered by Zendesk