国際音声発信先の地理的許可に関して

国際音声発信先の地理的許可(Geo Permissions)は、Twilioプロジェクトから発信できる国や電話番号のサブセットを制御するものです。米国外に発信する必要があり、高コストのルートや潜在的な詐欺からプロジェクトを保護するために、許可する地域と国を選択したいとお考えですか?ここでは、その方法を説明します。

詳細については、音声ダイヤル地理的許可を使用してアカウントを保護する方法(英語)のドキュメントをご覧ください。

国際音声発信先の地理的許可機能はどのように機能するのですか?

Twilioは電話を発信可能な国ごとに電話番号を2つのバケットにセグメント化しています。一つは詐欺リスクの低い番号のグループ、もう一つは詐欺リスクの高いグループです。お客様は低リスクの番号範囲にすぐにアクセスでき、コンソール上の音声通話地理的許可ページでその国への通話を有効にするだけす。高リスクの番号範囲は同じ方法で有効になりますが、アクセスするにはアップグレードしたアカウントが必要です。

自分の通話が 地理的許可 によってブロックされているかどうかを確認するにはどうしたらよいですか?

Geo Permissions によってブロックされた発信通話は、次のいずれかの通知によってフラグ(エラー)が立てられます。

  • 21215 : Geo Permission configuration is not permitting call
  • 32205 : SIP Trunking: Geo Permission configuration is not permitting call
  • 13227 : Geo Permission configuration is not permitting call

プロジェクトのコールニーズを把握するためにコンソールデバッガーを監視したり、これらのエラーに対してアラートトリガーを設定することをお勧めします。

プロジェクトに異常な動きがあった場合、どうすればよいですか?

プロジェクトに異常な動きがあった場合は、すぐに help@twilio.com と Twilio アカウントマネージャ(いる場合)に連絡してください。Twilioはユーザーの経済的な安全性を真剣に考えていますが、それでもすぐに連絡を取るのはプロジェクトオーナーの責任です。

インシデントが報告されると、調査が行われる間、プロジェクトやサブアカウントでのすべての活動を停止、特定のプレフィックスをブロックしたりすることができます。高額な請求や悪用されるリスクを冒すより、安全で一時的にサービスが停止する方がよいでしょう。

 

Have more questions? Submit a request
Powered by Zendesk