2要素認証(2FA)が有効になっているプロジェクトにログインできない場合

2要素認証(2FA)が機能するためには、Twilioから送信される認証コードを電話(SMSまたは音声通話)、または、Authyなどの認証アプリで受け取ることが必要です。

この認証コードはパスワードに加えて使用される、2番目の認証レイヤーです。

以下のような場合、2FAを有効化した時に提供された復旧コードを使用してプロジェクトの2要素認証をリセットできます。

  • 手持ちのデバイスで認証コードを受け取れない
  • 電話を紛失した / すでにもう存在しない
  • Twilioアカウントがロックされた

電話がない場合、プロジェクトにどうアクセスすればよいですか?

通常電話で受け取る認証コードを入力しなくても、2FAを初めて有効化したときに提供された復旧コード(Recoverry Code)を使用することにより、コンソールにアクセスできます。

  1. メールアドレスとパスワードを使用してコンソールにログインします。
  2. 2FA認証コードの入力を求められ時は、[Enter recovery code](復旧コードの入力)をクリックします。
    2FA_recovery_01_400px.png
     
  3. 復旧コードを入力し、[Recover and setup 2FA](復旧して2FAを設定)をクリックします。
    2FA_recovery_02_400px.png

この段階では、新しい電話番号の確認が必要になります。この電話番号は、ユーザー設定の画面で、いつでもまた変更できます。

復旧コード紛失時

自分のアカウントにログインできない場合、また、復旧コードを紛失した場合は、手動で行う本人確認プロセスにて、アカウントへのアクセス回復をお手伝いします。まずは、サポートチームまでお問い合わせください。

 

Have more questions? Submit a request
Powered by Zendesk