Twilio Voice JavaScript および Mobile SDKの料金

本記事はオリジナルのヘルプ記事を翻訳したものになります。

Twilio Voice SDK(JavaScript、iOS、 Android)で架電または着信した通話は、世界中のどこであっても1分あたりの課金は低額です。この課金レートは、Twilioから発信(アウトバウンド)し、かつTwilioで受信(インバウンド)するTwilio間のアクティブなコールに適用されます。

2wayコール(両側通話)では、異なる2箇所へ接続、またはTwiMLのレスポンス外でoriginate/terminateの接続が生じます。この2接続のそれぞれをレッグを呼びます。

  • 1つめのコールレッグは、SDK user endpointとTwilioを接続します。
  • 2つめのコールレッグは、TwilioとTwilio外を接続します。

このような2wayコールにおいて、"親"コールは発信コールであり、つまりTwilioへの最初の接続です。2つめの接続はプログラムコードにより生成され、"子"コールと呼ばれます。

クライアントコールではないコール(親コール、着信(インバウンド)コール、発信(アウトバウンド)時の子コール)は、弊社のProtgammable Voiceの1分あたりの標準課金レートは、発信番号、発信先、番号タイプに基づいて異なります。料金の詳細については、料金ページをご覧ください。

Have more questions? Submit a request
Powered by Zendesk