メッセージログ画面でメッセージステータスをフィルタ条件として利用できなくなります ('22年7月から)

記事種別

製品・サービスのオペレーションに関する記事です。

想定の読者層

Twilioコンソールのメッセージログ画面において、メッセージステータスをフィルタ条件として利用するお客様を念頭においております。

ご理解いただきたい内容

2022年7月15日(米国時間)より、Twilioコンソールの [Messaging Logs](メッセージログ)画面のフィルタ設定区画において、[All Statuses] フィールドが表示されなくなります。フィルタ設定区画の右端の [Filter] ボタンを押すと、任意のステータスのメッセージが一覧表示されます。

ステータスでフィルタリングする必要がある場合、今後は画面右上部の [Export to CSV] リンクをクリックし、エクスポートされたCSVデータファイルの中で、ステータスによるフィルタ処理を行うようにしてください。(これに伴い、[Export to CSV] リンク部分にマウスをホバーした際に表示されるツールチップに以下のテキストが追記されます。 <[Use our export feature for more detailed filtering and sorting.](より詳細なフィルタリングや並べ替え処理には、エクスポート機能をご利用ください。)>

ご対処いただきたい項目

お客様側のアクションは特にありません。2022年7月15日以降、コンソール上ではフィルタ条件としてメッセージステータスを選択いただけなくなります。

参考情報

特に追加の参考情報はありません。

改訂履歴

初版: 2022/5/19 JST

Have more questions? Submit a request
Powered by Zendesk