メッセージのキューと速度制限を理解する

携帯電話会社のネットワークにメッセージを送信できるレートには制限があります。このガイドでは、Twilioがメッセージリクエストを処理する方法と、各電話番号タイプでの制限について説明します。

: 高速レートでのTwilioへのメッセージ送信は、リクエストがTwilioのREST API同時実行数の制限を超えない限り可能です。この同時実行数の制限に達すると、Twilioはリクエストに対し、HTTP 429またはエラーコード20429で応答するようになります。詳細については、「Twilio APIレスポンスエラー429『Too Many Requests』」を参照してください。

内容:

APIリクエストキューイング

Twilioがアプリケーションからメッセージリクエストを受信すると、これらのリクエストは配信のために、受信した順番にキューに入れられます。

従来Twilioを介したすべてのメッセージングは、送信者ごとにキューイングされていました。2021年10月時点で、Twilioはいくつかのケースで異なるメッセージングスループットとキューイング動作への移行を開始しています。

送信者ごとのキューイングとアカウントごと,またはキャンペーンごとのキューイングの比較

2021年10月時点で、Twilioはアカウントレベルのメッセージングスループットと、(米国向けA2P 10DLCメッセージングの場合)キャンペーンレベルのスループットへの移行を開始しています。一部のTwilioのお客様には、アカウントレベルのスループットへの早期アクセス権付与に関するメール連絡がすでに届いています。詳細は、「アカウントベースのスループットの概要」(英語)をご覧ください。

一般的に、Twilioの各電話番号には個別のキューがあり、各キューには電話番号タイプの送信レートに基づいて最大4時間分のメッセージセグメントを保持できます。例えば、米国やカナダのローカル電話番号は、キュー全体で14,400のメッセージセグメント(英語)を持ちます。

アカウントとキャンペーンレベルのキューでは、送信者タイプまたはキャンペーンに割り当てられたMPS送信レートに基づいて、最大4時間分のメッセージセグメントを保持できます。

 

Twilioメッセージリクエスト処理 - SMS

Twilioがメッセージをデキュー(Dequeue)するレートは、メッセージリクエストの送信元と送信先に応じて異なります。以下は、デフォルトのデキューレートの概要です。

Origination(発信元) Termination(発信先) メッセージセグメント/秒 (MPS) 最大キュー長(メッセージセグメント)
Twilio SMS対応ローカル、モバイル、またはホストされたSMS番号 米国とカナダ 1 14,400
Twilio米国とカナダのフリーダイヤル番号(ホストSMSを除く) 米国とカナダ 3* 43,200*
Twilio SMSに対応した任意の番号または英数字の送信者ID その他海外 10 144,000
登録A2P 10DLCキャンペーン 米国携帯 多様 キャンペーンMPS * 4時間(例: 40MPS * 4時間 = 576,000)
番号ごとのスループットを含む登録A2P 10DLCキャンペーン(例: エージェント/フランチャイズ) 米国携帯 多様 キャンペーン番号ごとMPS * 電話番号数 * 4時間
Twilioショートコード 米国とカナダ、イギリス 100* 1,440,000*

*詳細は営業にお問い合わせください。こちら(英語)でトールフリーメッセージのスループットの詳細をご覧ください。

Note: 上記のデキューレートは概算値であり、配信速度のSLAではありません。トラフィックの輻輳やキャリアの問題など、複数の要因が実際の配信レートに影響を与える可能性があります。

より高いメッセージスループット(MPS)が必要な場合の対処

米国以外の国に、ローカル番号以外の番号で送信する場合

米国/カナダ以外の多くの国へ、ローカルではない番号を使い一方向のSMSを送信する場合、より高いスループットを得るためにTwilioの番号を追加購入することが許容されます。

例えば、1つのTwilio英国電話番号を使用して、ドイツのユーザーに向けて一方向の通知メッセージを送信しているとします。この1つの英国Twilio番号で、10メッセージセグメント/秒(MPS)で受信者に送ることができます。(この送信レートは、上の表の3行目に記載されています)。サービスの利用が増し、10MPSではメッセージをタイムリーに配信するのに十分でない場合、追加のTwilio番号を購入し、スループットを倍の20MPSにすることができます。
Twilioは、複数の電話番号を管理するために、メッセージングサービスを使用することを強くお勧めします。

ローカル番号で米国以外の国に送信する

特定の国のTwilio番号を使用して国内メッセージを送信する場合は、ルールが異なることがあります。特定のコンプライアンスに関する考慮事項については、該当する国のSMSガイドラインページ(英語)を参照してください。

米国とカナダに送信する

米国とカナダのキャリアの規則では、高いメッセージングスループットを得るためだけに追加の電話番号を使用することは推奨されていません。このような行為は、「スノーシューイング」と呼ばれています。
特定のビジネス上の理由がある場合は、同じメッセージングトラフィックを送信するために複数の番号を使用することが許容されます(例えば、20店舗を持つレストランや、各販売店やサービスエージェントが独自の番号を持つ自動車販売店など)。

トールフリーメッセージング

フリーダイヤル番号でより高いMPS送信レートが必要な場合は、高スループットのトールフリーメッセージングについて営業にお問い合わせください。詳しくは、トールフリーのSMSとMMSのメッセージングのスループット(MPS)を参照してください。

ロングコード(10DLC)メッセージング

2021年に米国のキャリアが導入した新しいA2P 10DLC方式では、MPSの制限を個々の電話番号レベルではなく、キャンペーン(ユースケース)レベルで実施することにより、まもなく番号ごとのMPSが廃止される予定です。詳しくは、米国におけるA2P 10DLCのメッセージスループット(MPS)とトラストスコア(英語)をご覧ください。.

Twilioメッセージリクエスト処理 - MMS

注: Twilioは米国とカナダでのみMMSメッセージングをサポートしています。

送信者タイプ MMS MPS Limit Notes
ロングコード (10DLC) 1番号あたり1MPS、Twilio親アカウントあたり50MMS/秒 この制限は固定されており、増やすことはできません。米国キャリアの次期A2P 10DLC方式により、番号ごとの1MPSの制限が変更される可能性があります。
トールフリー 25MMS/秒(Twilio親アカウントごと) ロングコードMMSとは別のアカウントレベルの制限。これ以上増やすことはできません。
ショートコード 40MMS/秒40 MMS これ以上増やすことはできません

詳細については、MMSアカウントレート制限を参照してください。

MMSのスループットがSMSより低い理由

MMSのスループットがSMSよりも低いのは、MMSのキャリアエコシステムのほうがSMSよりも容量が少ないためです。

キャリアは、SMSメッセージはビジネスクリティカルであることが多いため、SMSメッセージの信頼性を高めるインセンティブを与えてきました。一方、MMSはよりマーケティング向きであるため、キャリアはMMSにそれほど投資してきていません。

しかし、トールフリーMMSのサポートが拡大していることと、A2P 10DLCが登場したことにより、この状況は変わり始めるかもしれません。Twilioは、新しい情報を入手次第、MMSのMPS処理の変更についてこの記事を更新していく予定です。

Twilioメッセージリクエスト処理 - WhatsApp

WhatsApp 送信者 メディアメッセージのMPS制限 テキストのみのMPS制限
1.5 MPS 25 MPS

TwilioでのWhatsAppの詳細については、「Twilio for WhatsApp入門(英語)」をご覧ください。

インバウンドメッセージ

着信メッセージは、Twilioの宛先ごとに毎秒500メッセージでキューに入れられます。Twilioは、お客様の番号で受信したメッセージごとに、リクエストURLへのHTTPリクエストを行います。このため、大量の同時着信トラフィックが予想される場合は、サーバーがその負荷に対応できることを確認してください。

メッセージキューの長さとレイテンシーについてさらにご質問がある場合は、Twilioサポートにお問い合わせください。

Have more questions? Submit a request
Powered by Zendesk