SMS - アラートと通知 (手順2: 初めてのSMSを送信する)

戻る

次へ

コマンドラインにコードをコピーして実行し、自分宛てにSMSを送信します。 SMSは、3分以内に届きます。

重要: 国際番号を使用して日本に送信する場合、遅延が発生する可能性があります。Twilioの電話番号は返信を受信できますが、エンドユーザーに高額な国際SMS送信料がかかる可能性があります。

PC - cURL(Windows 10バージョン1803以降)

[コマンド プロンプト]を開きます。

curl -X POST https://api.twilio.com/2010-04-01/Accounts/%ACCOUNT_SID%/Messages.json
  ^
  --data-urlencode "Body=こんにちは、Twilioです" ^
  --data-urlencode "From=%PHONE_NUMBER%" ^
  --data-urlencode "To=%VERIFIED_NUMBER%" ^
  -u %ACCOUNT_SID%:%AUTH_TOKEN%

%VERIFIED_NUMBER%を、サインアップに使用した認証済みの電話番号に置換します。この電話番号には、+16175551212(E.164形式)のように「+」記号と国コードを追加します。

%ACCOUNT_SID%%PHONE_NUMBER%%AUTH_TOKEN%を、アカウントダッシュボード(英語)の資格情報と、先ほど取得したトライアル用電話番号に置換します。

PC - PowerShell(Windows 10バージョン1803以前)

PowerShellをインストールして、Windows PowerShellを開きます。

# Twilio account info and phone numbers.
$sid = "ACCOUNT_SID"
$token = "AUTH_TOKEN"
$phone_number = "PHONE_NUMBER"
$verified_number = "VERIFIED_NUMBER"

# Twilio APIエンドポイントとPOSTパラメーター
$url = "https://api.twilio.com/2010-04-01/Accounts/$sid/Messages.json"
$params = @{ To = $verified_number ; From = $phone_number ; Body = "Hello from Twilio" }

# HTTP Basic認証用の資格情報オブジェクトを作成
$p = $token | ConvertTo-SecureString -asPlainText -Force
$credential = New-Object System.Management.Automation.PSCredential($sid, $p)

# APIリクエストを送信し、レスポンスからJSONプロパティを選択
Invoke-WebRequest $url -Method Post -Credential $credential -Body $params -UseBasicParsing 
ConvertFrom-Json | Select sid, body

%VERIFIED_NUMBER%を、サインアップに使用した認証済みの電話番号に置換します。この電話番号には、+16175551212(E.164形式)のように「+」記号と国コードを追加します。

%ACCOUNT_SID%%PHONE_NUMBER%%AUTH_TOKEN%を、アカウントダッシュボード(英語)の資格情報と、先ほど取得したトライアル用電話番号に置換します。

UnixまたはMacOS

[ターミナル]アプリを開きます

curl -X POST https://api.twilio.com/2010-04-01/Accounts/$ACCOUNT_SID/Messages.json \
  --data-urlencode "Body=$Hi there from Twilio" \
  --data-urlencode "From=$TWILIO_NUMBER" \
  --data-urlencode "To=$VERIFIED_NUMBER" \
  -u $ACCOUNT_SID:$AUTH_TOKEN

%VERIFIED_NUMBER%を、サインアップに使用した認証済みの電話番号に置換します。この電話番号には、+16175551212(E.164形式)のように「+」記号と国コードを追加します。

%ACCOUNT_SID%%PHONE_NUMBER%%AUTH_TOKEN%を、アカウントダッシュボード(英語)の資格情報と、先ほど取得したトライアル用電話番号に置換します。

コピーボタンを使用して、資格情報をコピーします。

Step_2-1_500px.png 

トライアルアカウントでSMSを送信する場合、最初に送信先の番号を認証します。

戻る

次へ


メッセージを受信しましたか?

はい

いいえ

  • トライアルアカウントからメッセージを送受信できる相手先は、認証済み番号(英語)のみです。詳細はこちら(英語)
  • 通信事業者によるフィルタリングにより、SMSメッセージの送信が影響を受ける場合があります。詳細はこちら(英語)

この問題は解決しましたか?

Have more questions? Submit a request
Powered by Zendesk