SUPPORT.TWILIO.COM END OF LIFE NOTICE: This site, support.twilio.com, is scheduled to go End of Life on February 27, 2024. All Twilio Support content has been migrated to help.twilio.com, where you can continue to find helpful Support articles, API docs, and Twilio blog content, and escalate your issues to our Support team. We encourage you to update your bookmarks and begin using the new site today for all your Twilio Support needs.

SMS - アラートと通知 (手順2: 初めてのSMSを送信する)

戻る

次へ

自分宛てにSMSを送信する方法をご紹介します。 SMSは、3分以内に届きます。

国際番号から日本番号にSMSを送信する場合、遅延が発生する可能性があります。エンドユーザーが日本番号からSMSを返信した場合、国際番号で返信を受信できますが、エンドユーザーに高額な国際SMS送信料がかかる可能性があります。

PC - cURL(Windows 10バージョン1803以降)

コマンド プロンプトを開きます。

curl -X POST https://api.twilio.com/2010-04-01/Accounts/%ACCOUNT_SID%/Messages.json
  ^
  --data-urlencode "Body=こんにちは、Twilioです" ^
  --data-urlencode "From=%PHONE_NUMBER%" ^
  --data-urlencode "To=%VERIFIED_NUMBER%" ^
  -u %ACCOUNT_SID%:%AUTH_TOKEN%

%VERIFIED_NUMBER%を、サインアップに使用した認証済みの電話番号に置換します。この電話番号には、+16175551212(E.164形式)のように「+」記号と国コードを追加します。

%ACCOUNT_SID%%PHONE_NUMBER%%AUTH_TOKEN%を、アカウントダッシュボード(英語)のアカウント情報と、先ほど取得したトライアル用電話番号に置換します。

PC - PowerShell(Windows 10バージョン1803以前)

PowerShellをインストールし、開きます。

# Twilioアカウント情報と電話番号
$sid = "ACCOUNT_SID"
$token = "AUTH_TOKEN"
$phone_number = "PHONE_NUMBER"
$verified_number = "VERIFIED_NUMBER"

# Twilio APIエンドポイントとPOSTパラメーター
$url = "https://api.twilio.com/2010-04-01/Accounts/$sid/Messages.json"
$params = @{ To = $verified_number ; From = $phone_number ; Body = "Hello from Twilio" }

# HTTP Basic認証用の認証情報オブジェクトを作成
$p = $token | ConvertTo-SecureString -asPlainText -Force
$credential = New-Object System.Management.Automation.PSCredential($sid, $p)

# APIリクエストを送信し、レスポンスからJSONプロパティを選択
Invoke-WebRequest $url -Method Post -Credential $credential -Body $params -UseBasicParsing 
ConvertFrom-Json | Select sid, body

%VERIFIED_NUMBER%を、サインアップに使用した認証済みの電話番号に置換します。この電話番号には、+16175551212(E.164形式)のように「+」記号と国コードを追加します。

%ACCOUNT_SID%%PHONE_NUMBER%%AUTH_TOKEN%を、アカウントダッシュボード(英語)の資格情報と、先ほど取得したトライアル用電話番号に置換します。

UnixまたはMacOS

ターミナルを開きます。

curl -X POST https://api.twilio.com/2010-04-01/Accounts/$ACCOUNT_SID/Messages.json \
  --data-urlencode "Body=$Hi there from Twilio" \
  --data-urlencode "From=$TWILIO_NUMBER" \
  --data-urlencode "To=$VERIFIED_NUMBER" \
  -u $ACCOUNT_SID:$AUTH_TOKEN

%VERIFIED_NUMBER%を、サインアップに使用した認証済みの電話番号に置換します。この電話番号には、+16175551212(E.164形式)のように「+」記号と国コードを追加します。

%ACCOUNT_SID%%PHONE_NUMBER%%AUTH_TOKEN%を、アカウントダッシュボード(英語)の認証情報と、先ほど取得したトライアル用電話番号に置換します。

コピーボタンを使用して、認証情報をコピーします。

Step_2_B_500px.png 

トライアルアカウントでSMSを送信する場合、最初に送信先の番号を認証します。

戻る

次へ


メッセージを受信できた場合

メッセージを受信できなかった場合

Have more questions? Submit a request
Powered by Zendesk