Twilio Programmable Video SDK(サポート終了済バージョン)のサービス提供終了(End of Life)

記事種別

製品・サービスのライフサイクルに関する記事です。

想定の読者層

Twilio Programmable Videoサービスの以下SDKを以下バージョンでご利用のお客様を念頭においております。

  • Android - 4.x及びそれ以前のバージョン
  • iOS - 2.x及びそれ以前のバージョン
  • JavaScript - 1.x

ご理解いただきたい内容

上述のProgrammable Video SDKおよびそのバージョンについては、これらが接続するバックエンド側プラットフォームの信頼性が十分ではないことが分かっており、既にサポート終了(End of Support)となっております。また、これら SDKバージョンご利用のすべてのお客様を対象として、米国西海岸時間2021年9月8日の午後5時にはサービス提供終了(End of Life)を迎え、その動作停止が予定されています。

一方で、Programmable Video SDKはユーザ体験の最適化を意識し継続的に更新されております。最新バージョンへアップグレードいただくことで、性能向上や不具合修正だけでなく、Track Priority APINetwork Bandwidth API等の最近の機能強化を利活用いただけます。

ご対処いただきたい項目

Programmable Video SDKを引き続きご利用の場合、2021年9月8日までにサポートされているバージョンへアップグレードいただく必要があります。(日時については、明記ない限り米国時間となります。) 皆さまがエンドユーザ様にモバイルアプリを提供されている場合、皆さまのアプリケーションがアプリストアにおいて公開され、上述の期日までにエンドユーザ様のアップグレードを誘導することが求められることに留意ください。

移行に関する情報や最新メジャーバージョンに関するご案内については、以下の表を参考にしてください。

プラットフォーム 移行ガイド changelog
Android

1.x to 2.x

2.x to 3.x

3.x to 4.x

4.x to 5.x

5.x to 6.x

changelog-android
iOS

1.x to 2.x

2.x to 3.x

3.x to 4.x

changelog-ios
JavaScript 1.x to 2.x changelog-javascript

お手数をお掛けしますが、内容のご理解及び必要に応じての対処を、何卒よろしくお願いいたします。

参考情報

  • 特にありません。

改訂履歴

  • 初版: 2021/3/6 JST
Have more questions? Submit a request
Powered by Zendesk