2021年3月中旬にTwilioのサービス利用規約(ToS)およびサービス利用ポリシー(AUP)が改定されます

記事種別

製品・サービスの規約・ポリシー等に関する記事です。

想定の読者層

Twilioプラットフォーム・サービスを現在ご利用の、すべてのお客様を念頭においております

ご理解いただきたい内容

Twilioプラットフォーム・サービスを現在ご利用の皆さまにご連絡さしあげます。現在、Terms of Service (サービス利用規約、以降ToSと省略されることがあります; https://www.twilio.com/legal/tos) および Acceptable Use Policy (サービス利用ポリシー、以降AUPと省略されることがあります; https://www.twilio.com/legal/aup) について改定中です。改定後のToSおよびAUPは2021年3月15日発効となります。(日時については、明記ない限り米国時間となります。)

今回の改定について、皆さま側において特にアクションの必要はありません。改定後の更新版ToSおよび更新版AUPは、皆さまのTwilioプラットフォーム利用に対して前述日時以降において自動的に適用となります。また、皆さまのTwilioプラットフォーム利用においてその契約に特化した書面上の合意がある場合、更新版AUPのみが前述日時以降において自動的に適用となります。

今回の更新版ToSおよび更新版AUPについては、更新前のバージョンのToSおよびAUPを完全に置き換える位置付けです。置き換え対象として、TwilioプラットフォームおよびTwilioサービスの利用に関して皆さまと弊社との間で合意した際に交わした書面(例: MSA)に別途添付あるいは統合されている、更新前バージョンのAUPも含まれることにご留意ください。

今回のToSおよびAUPの改定については、内容をさらに明確にそして合理的にすることを目的として行われました。変更骨子について更に理解を深めたい場合、こちらをご確認ください。また、更新版ToSおよび更新版AUPの全文について、是非あらためて熟読をいただければ幸いです。

Twilioサービスの日頃のご愛顧にあらためて感謝申し上げます。また今後とも、何卒よろしくお願い申し上げます。

参考情報

  • 上述の各リンク・URL以外には、特にありません。

改訂履歴:

  • 2021/3/17 JST - ToSの書類構造が変更となりました。
    変更後は、ユニバーサル版に加えて、特定の国や地域に固有のアメンドメンド(修正条項)という二部構成になっています。❑❑ ユニバーサル版については、英語表記(リンク1)が優先され、日本語訳版(リンク2)はあくまでも参考の位置付けとなります。❑❑ アメンドメントの日本版は(リンク3)をご確認ください。なお、以前の書類構造における日本版は(リンク4)をご確認ください。
    これに伴い、本記事の以前の表記「更新版ToS: グローバル版(こちら)、日本語版(こちら; 更新版の日本語化等の作業を鋭意実施中ですので、以下の改訂履歴部分を含め、こちら記載を再度加筆修正の予定です)」を、表記「更新版ToS: ユニバーサル版(英語マスターはこちら; 日本語訳はこちら)、日本在住者用の修正条項(英語マスターはこちら; 日本語訳はこちら)」に変更しました。
    (リンク1) https://www.twilio.com/en/legal/tos
    (リンク2) https://www.twilio.com/ja/legal/tos
    (リンク3) https://www.twilio.com/ja/legal/tos/japan-tos-amendment
    (リンク4) https://www.twilio.com/ja/legal/tos-japan
  • 初版: 2021/2/10 JST

 

Have more questions? Submit a request
Powered by Zendesk