WhatsApp社によるビジネスポリシー変更およびTwilio WhatsApp Business APIへの影響

記事種別

製品・サービスのオペレーションに関する記事です。

想定の読者層

TwilioのWhatsApp Business APIを利用した顧客エンゲージメントを過去に検討したものの、WhatsApp社のポリシー上の理由で許可されなかったお客様、または同APIを利用した連携サービスをお客様企業にお届けするパートナー様を念頭においております

ご理解いただきたい内容

WhatsApp社によるビジネスポリシーが2021年1月15日より改定され、WhatsApp APIを利用した顧客エンゲージメントが可能となる業種業態が幾つか追加されます。以下一覧は、その主要な追加業態となります。

  • 製薬会社
  • 医療機器メーカ
  • 整体等のボディマネジメント系クリニック

これら業態の企業では、WhatsApp APIを利用した顧客エンゲージメントにおいて、関連サービス(例: 医療従事者による訪問)を販売することや当該事業に関する情報共有を行うことが可能となります。一方、関連物品(例: 薬品、デバイス)の販売やそのプロモーションを行うことは依然として禁止されています。

ご対処いただきたい項目

TwilioのWhatsApp Business APIを利用した顧客エンゲージメントが、より多くの業態やユースケースをサポートするべく進化することを楽しみにしております。今回拡大した業態やユースケースでの利用を検討のお客様は新たに申請をいただければ幸いです。

参考情報

改訂履歴:

  • 初版: 2021/2/10 JST
Have more questions? Submit a request
Powered by Zendesk